電気自動車ニュースについて

  • 「電気自動車ニュース」は、EVOC(EVオーナーズクラブ)サイトへ情報提供しています。(記事によっては,時間がたつとリンク切れになる場合があります)
フォトアルバム

カウンター

  • カウンター

« 日本充電サービス一部充電器の利用料金返金 | メイン | 1充電走行距離がガソリン車なみの次期リーフ »

2015/06/20

「電気自動車って実際のところどうなの?」

リンク: 電気自動車って実際のところどうなの?  徹底検証!5年間、乗ってみました  | Best Car Life | 現代ビジネス [講談社].

このページは2015年06月20日(土)の日付になっていますが、元記事は「ベストカー」2015年4月10日号です。

4月の記事ですが、気になった点をいくつか。

現在、急速・普通合わせて利用できる充電器は全国5300基(ヵ所ではない)という調べがある。

4月号ですから調査数は2月とか3月のものでしょうが、私のブログ「充電スタンド数 VS ガソリンスタンド数」(2015/02/20)には、登録数が控えめなcoco充電でも2015年2月20日現在、3393基、普通充電器は3661基、合計で7054基(カ所)と書いています。元データをあきらかにしていないという何とも?な文章ですが、充電器の整備状況は「まだまだ」と結論づけるデータなのですから、ハッキリとしてほしいものです。

上の私のブログにも書きましたが、多くの電気自動車保有者が購入と同時に充電器を備え付けていることは想像に難くないですから、少なく見積もっても2013年度、電気自動車(PHVも含む)の保有台数は約8万4928台のその5割が普通充電器を自宅や会社に設置しているとしたら、「家庭用充電器」だけで約4万基の普通充電器が日本中にあることになり、先のcoco充電で集計した充電スタンド約7000基と合わせて、4万7000基あると予想されます。

以下の記事にも相変わらず「電気自動車オーナーの悩みのタネは充電スポット。かなり数が増えてきたとはいえ、ガソリンスタンドほど多くはない」とありますが、全国3万6000カ所の「ガソリンスタンド数」に負けないぐらい「充電スタンド数」も現存しており、想像以上に豊かな充電器環境が日本の中にできつつあります。

リンク: 充電スポットがなければ、街灯で充電すればいいじゃない ― BMW による新たな提案「Light & Charge」 - えん乗り.(2015/06/20)

電気自動車の充電は自宅が基本ですから、充電スタンドで大切なことは、その数以上に、その位置であり、その拡がりです。
以下は滋賀県内の急速充電器分布図です。総数は約90ヶ所と多くはありませんが、県内をくまなく網羅していますから走行中に電欠を起こすことはなくなりました。充電インフラは、充実するに越したことはありませんが、今でも思った以上に充実しているともいえるのです。

ガソリンスタンド過疎地拡大はチャンス(2015/04/15)

その他にも2ページ目の表にはランニングコストはガソリン車の約1/3とありますが、深夜電力を利用した場合も状況によってはあるのですから約1/6というのも載せてほしいものです。

インフラ整備は今後もさらに進むだろうが、せめて実走行で250km走れるようにならないと、普及の力にならないだろう

上記のような記述もあります。充電環境は整備されつつあり、すでに普通に走ることができているにもかかわらず、「せめて実走行で250km走れるようにならないと」いう意見があるうちは、300km走るようになっても、「ガソリン車と同じように500km走れるようにならないと」という人は必ず出てきます。

記事中の金倉さんのように5年もたたずに12万km走ることは、軽自動車ではまれですから、軽自動車で(普通車でも)「普通」に走るような条件では、電気自動車はすでに「普通」の車になっているのが実態なのです。

ですから、ガソリン車と同じ土俵で考えると航続距離が短かったり冬場に暖房を入れるとそれが更に短くなったりするという欠点はありますが、ガソリン車とは別物と考えれば、毎日の生活の中で移動するには十分な乗り物ですし、メンテナンスや維持費がかからない安上がりな道具です。

実際のところ、4年近く乗ってこんなに素晴らしいものはないと思うので周りにはすすめますが、「100kmしか走らないの」と電気自動車に否定的な人が多く、買う人はほとんど増えません。まあ、お好きなようにとしかいえませんが、私はその4年の間にガソリン代を約30万円節約し、ガソリン車に必要なオイル交換がないなど電気自動車にかかるコストを下げ、通勤費と電気代の差額でこづかいが約30万円増え、仕事にも役だったので自分では十分すぎるほど満足しています。

コメント

いろんなページでEVの航続距離が議論されていますが、肯定的意見は自宅充電ありきで論じられていますよね。自宅充電できない方の意見はどうなのでしょう?
EVを購入して充電コンセントの工事まで約一ヶ月間不自由な思いをした経験もあるのですが?
(本気とは思いませんが)ある大手ディーラーの販売員の言葉
 マンション在住の方は自宅充電できない
 ので、当社はEVを開発しても一般には
 市販しない。
会社の車の点検ついでに発表されたばかりのHYB車を見た時の話でした。

(Webマスター:自宅での充電ができない方を忘れていますね。失礼しました^_^;

日産の「充電設備について」のページには、「分譲マンション」や「賃貸駐車場」などそれぞれの対策について書いています。
http://ev.nissan.co.jp/CHARGE/GUIDE/construction02.html

専用のエネルギー補給施設を車の持ち主が保有するか?って点も
ガソリン車等との大きな違いで、
家の近所でしか乗らない人は 一切公共充電施設を使わないけど
ガソリン車なら 家でガソリン補給は出来ないので
減ってきたら公共のガソリンスタンドに行かなければなりませんからね。
ガソリンスタンドの客は近所の人の割合が多いでしょうが、
充電施設は近所の人にとってはほぼ用無しかと。

あと、ガソリンと電気は入れるのにかかる時間が違うのも比較を難しくしてますね。
如何に急速充電とは言え、100km走るのに必要な電力量を入れるには
100km走るのに必要なガソリンを入れるよりも、ずっと長い時間を要します。
実際には一度の補給で延ばす航続距離はガソリンの時の方が長いでしょうが
それでもガソリン補給の方が早く終わるでしょう。
車の台数当たりの補給施設台数が同じと考えても、
例えばガソリン給油機2基と急速充電2基を備えたガソリンスタンドに
10台のガソリン車と10台のEVが同時にエネルギー補給に来たとしたら
全てのガソリン車の給油が終わっても
最後のEVに充電の順番が周って来るまでにはまだまだ時間が掛かりそうです。
仮に急速充電機が4基だったとしても
恐らくガソリン補給の方が先に終わるでしょうね。
っと考えると、単純比較の場合 車の台数辺りの燃料補給施設として
ガソリンスタンドの2倍の急速充電所があったとしても
ガソリンスタンドと比べて不足状態と言える事なります。
っと言っても、ガソリンスタンド自体は不安を感じる数までの余裕は
まだまだ大きいので、総数がガソリンスタンドと比較して少なかったとしても
即問題とは言い切れませんが。

もっと切実な話としては、ガソリン車に比べてEVは航続距離が短い分
多くの燃料補給施設が必要になります。
単純な1本道で400km毎にガソリンスタンドがあれば
ほとんどのガソリン車は問題無くずっと走り続ける事が出来ますが、
ほとんどのEVがずっと走り続けられる様にと考えると
精々80km毎には充電所が欲しいですね。
つまり箇所としては5倍必要ですね。

あとは、非常時耐性ですね。
つい半年前の冬も、北陸の国道8号辺りで 大雪で3日間立ち往生みたいな
ニュースを見ましたが、
この中にEVがあったら 暖房だけで走行用電力を
使い尽くしてしまうんじゃないかと思ってニュースを見ていた事を覚えています。
そのニュースを そんな見方する人なんて、
EVを扱った事があるか 興味があって情報を入手している人くらいかと思います。
ガソリン車の時は、非常時に備えて 走行可能距離残200km分程度のガソリンは
残したまま 次を給油したものですが、
EVはバッテリー容量の大きめな車でも満充電時でその程度
走行可能距離残30km程度まで使い込む事だってザラです。

途中経路で充電する事を予定に入れて出掛けて、
行ってみたら充電器が壊れていたら?
ガソリン車なら ドライブ前に給油場所チェックなどしなくても、
予定のガソリンスタンドが閉鎖していたとしても
長距離ドライブの人が走る様な道を200kmも走っていれば
必ず給油可能なガソリンスタンドが見付かりますが、
充電所は?あったとしても会員専用なんて事は?
ガソリンスタンドは、カードもケータイ持たずに突然飛び入りで
現金会計OKの所しか見た事ないのですが、
充電所は、どうも そうはいかない様子です。


ここで、最初に書いた
「家の近所でしか乗らない人は 一切公共充電施設を使わない」に戻りますが
ウチが次の車をEVにしようと思った時、
その前の車で、過去10年に 家のガレージを出てガレージに戻って来るまで
走行距離が100kmを越えた事が何回あったか?
答えはゼロでした。
つまり、同じ使い方を続ける以上は、
EVにしたとしても、航続距離の短さも 公共充電施設の事も
一切気にする必要は無かったのです。
案の定、EVに替えてから、若干車の使用頻度は多くなったものの
今の所 全て自宅充電で間に合っていて 充電会員とかも一切入っていません。

ただ、過去10年が その後もある程度続くと決まったものでもありません。
例えば、少し離れた所の病院までお見舞いに行くとして
EVの往復可能範囲を超えている,
駅からも遠いいし やっぱり車で行きたい
等と 例外的に外充電が必要になる可能性もあります。

EVは 家の近所しか使わない、遠出での使用頻度の低い人には
向いているクルマだと思うのですが、
色々調べておかないと たまに遠くまで繰り出した時に
ヤバい事になりそうだと感じました。
でも、基本 あまり車を使わない 車で遠出しないって言う
ライトなユーザーは そんなにジックリと車関係の情報集めないですよね。
ヤバい事になりそうなのに、その辺を伏せてEVを勧めるのも無責任ですし、
その辺りの情報を付加して勧めたとしても、
ライトユーザーは そんなメンドクサイ事考えて新しいモノに手を出すよりも
次も 今まで乗ってて問題の無かったガソリンや軽油で走るクルマにしようと
考えるだろうと思います。
結果、EVが向いている 近所乗り中心のライトユーザーにはEVを勧めづらい
そして普及していかないって状況になっているとも感じますね。

会員限定では無く、ハイテク好きでもないから携帯電話とか持っていない人でも
利用可能な充電所と ガソリンスタンドを
航続距離やエネルギー補給にかかる時間差を加味した比較データで出す事すらも
意味を持つとすら思えます。
「どうせ使わない人用」では無く、
いざ使おうと言う時に使えるのかって話になるかと思います。

かつて、EVが走るのに使う電気は ガソリンよりも極端に安いと言われてましたが、
前の車がガソリン1リットル150円で15kmくらい 1キロ10円
今のアイミーブMが3000Wの5時間充電 約500円で100kmくらい 1キロ5円
ざっくりですが、まぁ半額は極端ではないけど大きいですね。
でも、外充電だと1回1000円掛かったら逆転してしまいますね。
しかも、全電力使い切っての充電じゃないですし、
やっぱり たまに見る非会員料金だと ガソリンに負ける事も多そうです。
外充電は希な事なら、家充電で安く利用してる分で取り戻せるとも言えますが、
やっぱり 同類に勧める際には 大きな障壁となりますね。

(Webマスター:新しいものとして、もう一歩を踏み出して買ってもらうための説得材料が、広く一般の人に対して素晴らしく魅力的でないことは確かにありますね^_^;ちょっとだけの魅力なら、今のガソリン車でも良いかとなってします。

ちなみにうちは、関電の23時以降に適用となるナイトタイム料金で充電しています。今1kWhで12.19円ですから、10.5kWh入れたら約128円です。これで100km走るとすれば、1キロ約1.3円となります)

自宅の充電器の数を誰でも使えるガソリンスタンドの数と比較することはあまり意味がないと思います。外出先での普通充電器は利用されるケースは少ないので、やはりガソリンスタンドの数と急速充電施設の数との比較が妥当でしょう。しかし、ガソリンスタンドは同時に複数の車に給油できますが、ほとんどの急速充電施設は1台しか使えません。やはり、まだまだ充電施設の増設はEV普及のために必須と思います。

(Webマスター:足柄SAのように混雑するところでは、特に複数設置していくことがこれからは重要ですね。電気自動車が増えればなおさらです。

外出先での普通充電器は、その場所によって重宝されることもあります。たとえば、同じSAでもトイレ休憩だけではなく、食事をとるときには普通充電器の方が便利です。また、ショッピングセンターでゆっくりと買い物するときや食事をするときも同じでしょう。さらに、しばらく散策する観光地や宿泊場所でも普通充電器は有効です。

電気自動車は基本、自宅や会社の車庫での充電が基本ですから、不特定多数が使うということはない自宅の充電器も、電気自動車を語るときには重要だと考えます。充電器の数が少ないといわれれば、電気自動車の使われ方から考えて、そうでもないよ、というデータにはなり得ると考えています。

ガソリンスタンドの数と比較することはあまり意味がないとおっしゃるように、そもそもガソリン車と電気自動車とは少し意味合いの違う乗り物ですから、同じ土俵に乗せて、充電器の数はまだまだ少ないと比較する記事のような論評はあまり意味のないことだとも思います)

先日、上里SAで充電中、EVに興味のあるガソリン車ユーザー幾人かと話しました。
すると、お約束の航続距離も訊かれましたが、一番心配しているのは他のEVと充電がかち合うと待たされるという問題でした。
一部では複数台設置が進んでいるが、まだ不十分だと答えました。
ガソリン車ユーザーでも、航続距離より充電待ちが気になるくらいにはEVが認知されつつあるのだなと逆に驚かされました。
Nexcoさん等にもう一踏ん張りしてほしいと願っています。

(Webマスター:電気自動車に興味を持つ人、中でも結構知識を持っていて質問をしてくる人が増えたのを私も感じます。

次の電気自動車が出てきたときにいっきに増えるように、先行投資をNexcoにはがんばってほしいですね(^O^))

結構好意的な内容ですね。
航続距離・充電スタンドの問題は残念ながら否定できないと思います。
i-MiEV(X)を使っていますが、ここ一年で(地方にも)充電スタンドが劇的に増えました。それでも遠出をする時にはまず充電場所まで辿り着けるかの確認、故障のリスクを考えると、次の(別の)充電場所までの航続距離が必要です。
九州の山間部では充電場所優先のルートを辿る必要があります。
私は子供の時から「EVが車の本来の姿」と決めつけていましたのでガソリン車に戻るつもりはありませんが、ガソリン車なみに充電を気にせずに走れれば素晴らしいと感じます。そして、ガソリン車オーナーにとってはそれが当たり前ですよね。

(Webマスター:EVOC 会員も出ていらっしゃいますし好意的な内容ではありますが、普段乗る分には全く問題がなくなっていても、相変わらずガソリン車と同じ土俵で電気自動車を語ろうとするところに無理が感じられます。まあ、今までガソリン車の時代が長かったので、仕方ないですね^_^;)

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。