« 朝から雨、機体でもつくりますか 組立その1 | メイン | 今日は仕事日、昼休みに自転車のタイヤ交換 »

2012年9月27日 (木)

安定化電源 パワーサプライ SKYRC eFUEL 30A評価

SKYRC eFUEL 30A評価しました。

Cimg1042  Tek0002
フライトホビーさんでも確認されているようです。(2013年2月18日追記)
http://flighthobb.exblog.jp/18722692/  多かれ少なかれ問題はあるようですね。
今まで使用していた安定化電源は12V29Aのスイッチング電源(確か7,000円台)でしたが、2点不満がありSKYRC eFUEL 30A(9,800円)となりました.
不満点
1.ACコードが6S4000mA2本同時充電で発熱する.→ACケーブルを交換すれば良いかも
2.冷却ファンがいつも回りっ放しで結構音がする.
eFUEL 30Aの仕様(SKYRCホームページより抜粋)
Voltage…………………110V AC (Part No.PSU30ADU,PSU30AU)
Input AC Frequency………………………………………50Hz/60Hz
Output Voltage………………………………………9-18V DC±0.5V
Output Current……………………………………………… 30A±1A
Current Overload Protection…………………………≤31A 500MS
Input Fuse………………………………………110V AC 10A Fuse
LCD Display………………………………Voltage Precision ±0.3V
                                                              Current Precision ±0.5A
Output Voltage Ripple……………………………………  <100MV
Power Efficiency……………………………………………… >80%
Power Factor…………………………………………………… >0.7
Over Temperature Protection…………………………… < 100℃
Cooling Method………………………………………  Cooling Fan
Operating Temperature…………………………………… 0-40℃
Operating Humidity…………………………………………  0-90%
Dimensions (L*W*H)……………………………208x139x59.5mm
Net weight…………………………………………………… 1.50kg

今まで使用していたスイッチング電源 12V29A
ACケーブルがすごく細い.

Cimg1054 Cimg1039

今回測定したのは、電圧降下とノイズの比較を行いました.
充電器はハイペリオンEOS720i DUOです.
左が 12V29Aスイッチング電源  右SKYRC eFUEL 30A
Cimg1041_2  Cimg1042_2
●電圧降下
6S 4000mA + 6S4200mA充電に於いて
スイッチング電源は約50mV   eFUELは100mVの電圧降下
Tek0001  Tek0002_2
●ノイズ
オシロの時間軸が違いますが
スイッチング電源では50kHzの電圧変化が20mV程度 、推測で電流19A
それに比べeFUELは100kHzで最高で±2Vの波形が出ている.電流は12.4A
Tek0000  Tek0005
eFUEL 30Aの表示 これはなかなかお気に入りです.
左6S4000mA充電時        右6S4000mA+6S4200mA充電時
Cimg1046_2  Cimg1048_2
eFUELのノイズ
左 無負荷時   中央 電流12.4A時   右 それを時間軸拡大
Tek0008   Tek0007_3  Tek0006
ノイズや電圧変動は許容範囲内と思われますが、電圧の固定なスイッチング電源の方が
安定しているようです.(安定か電源ですね)
●冷却ファンの音
温度に応じ、回ったり、弱まったり、止まったりします。
全開で回るとスイッチング電源より音がします.
静かな所では何やら怪しい電子音がします.何か制御しているのでしょう.キット

コメント

コメントを投稿